初めてリシケシに行く人必見!アシュラム探しには気を付けろ!!

はい、ようこそいらっしゃいました。

 

インドでヨガ体験をしてみたいということで、ヨガの聖地リシケシ(リシケシュ)にやってきたわけですが

僕が想像していたヨガ生活とは違ったんで、同じ境遇の人には事前に心得ておいてもらいたなということで

リシケシ情報をシェアします。

 

この記事はヨガ未経験orリシケシに行ったことがない人向けに以下の項目について書きます

  • リシケシという土地について
  • ヨガ道場「アシュラム」の実態
  • 有名アシュラム体験談とオススメのヨガ道場
  • ハリドワールから向かう時の注意点

これを知っておくことでリシケシ滞在プランが立てやすくなったり、

ヨガ道場探しの方向性が定まると思うんで

参考にしてもらえればなと思います。

 

ではいきます

 

リシケシという土地について

別の記事でも書いたんですけど、まずリシケシという土地について説明していきます。

ジャイプールから電車でハイドラワール経由でリシケシへ

 

英語ではRishikeshと書いて、カタカナではリシケシとかリシケシュとか

はたまたリシュケシュとか言われたりするんですけど

 

ここではメジャーで文字数の少ないリシケシで統一していきます。

 

一言で言ってもリシケシはいくつかのエリアに分かれていて

どこに行ってもヨガ体験ができるってわけじゃないんです。

 

詳しくは地図を見て説明していきます。

見ての通りリシケシってグーグルマップで調べると広範囲で出てきます

マップではリシケシュになってますけどねw

 

で、基本的にリシケシに行くってなると丸で囲ったどこかに行くことになります。

一番手前がリシケシ、真ん中がラムジュラ、一番奥がタポバン&ラクシュマンジュラというエリアです。

 

隣同士のエリアは1,2キロぐらいなんで歩けなくもないですけど

リクシャーを相乗りすれば一人10ルピーぐらいで乗れます。

 

リシケシエリア

まず一番手前のリシケシエリアから説明していきます。

結論から言うとここはオススメしないんで、ここに行かないように注意しましょう。

ハリドワールからリシケシに来る時は(ハリドワールについてはあとでもうちょっと詳しく説明します)

「リシケシに行く」とだけ伝えると丸で囲った辺りで降ろされます。

(詳しい位置情報はこっちの記事にて)

 

地図を見ても周辺にアシュラム(ヨガ道場)がいっぱいあるっぽいんですけど

どこもガチの修行寺院っぽくて基本的にインド人向けです。

 

唯一情報を得ることができたアシュラムはヨガは無料でしたけど、恐らくレベルに合わせて教えてもらえる感じではなく

修行僧が普段やっているヨガを真似てついていくだけのヨガだと思います。

 

その辺も後で説明します。

 

ラムジュラエリア

次に真ん中のラムジュラエリアについて説明します。

ここもオススメするわけじゃないですけど、想像するヨガ修行に合いそうなら行く価値アリです。

 

ラムジュラエリアは上の地図左側の「Yoga Niketan Ashram」が一応日本人に人気みたいで

宿とヨガコースがセットになっています。

一応ですけどみんなが想像するヨガ生活の一つに近いかもしれないですね。

 

ラムジュラブリッジを渡った右側にアシュラムが点在しています。

この辺りに宿をとれば各地で開催してるドロップインクラス(これも後で説明します)を受けることができます。

ここもインド人用のアシュラムがいっぱいあって、外国人が受けれる所はちょっと探さないといけないですね。

 

僕はこのラムジュラエリアに一泊したんですけど

そこは宿代だけ払ってヨガは無料でした。

それが丸で囲ってある「Parmarth Niketan Ashram」です。

 

日曜以外毎日(基本どこも日曜は休み)朝夕2回のヨガレッスンが無料で受けられるんで

トータルすると安く済ませることができます。(さっき説明したリシケシのアシュラムでも同じですね)

 

リシケシエリアのアシュラム周辺は特に何もないんですけど

ラムジュラエリアは観光客も多いんでお土産屋さんとか屋台とかあってちょっと賑わっています。

 

なのでここに滞在すると、想像してるヨガ生活の半分のクオリティの体験ができると思いますw

 

ラクシュマンジュラエリア

みんなが想像するリシケシでのヨガ生活をするなら

このタポバン&ラクシュマンジュラエリアがオススメです

川を挟んで左側がタポバン、右側がラクシュマンジュラエリアです。

結論を先に言うと、いわゆる「リシケシでのんびりヨガ生活♪」は

このラクシュマンジュラエリアのことだと思います。僕の好みですけどね。

 

一応日本人にも人気で有名なアシュラムはタポバンにいくつかあるんですけど

レストランやカフェがあるのは右側のラクシュマンジュラエリアです。

ヨガだけじゃなく霊気や瞑想や各種ヒーリングのレッスンもこの辺りに点在しているんで、一番賑やかですね。

 

ヨガ未経験の僕は右側にあるヨガ道場が一番しっくり来たんで、右側に宿を取るのがベストでした。

 

じゃあアシュラムとかヨガのレッスン体系がどうなっているかの説明をしていきます。

 

アシュラムの実態

アシュラムとは簡単に言うとヨガ道場のことなんですけど

大きく分けて2種類、住み込み式と毎回通う式とあります。

ただ、ややこしいんでこれからは住み込み式をアシュラム、毎回通う式を道場と言うことにします。

 

アシュラムは基本的に宿、食事、ヨガと関連レッスン(瞑想とか座学とか)が含まれたパッケージコースで

1泊あたり〇〇ルピーという料金体系があって、基本的に1週間とか10日から受け付けていたりします。

 

 

僕が最初に想像してたのは(たぶんみんなも)ちょっと大きめのゲストハウスみたいなアシュラムで

宿の一角がヨガ練習場になっていて、他の生徒たちと一緒にレッスンを受けて、一緒に食事して

寝るときだけ別々みたいな感じの場所がそこらじゅうにあると思ってたんですけど

 

実際はそんなものは存在しなかったです。

 

くまなく探したら見つかるのかもしれないですけど、ヨガのシーズンだったからか

基本的に住み込みの生徒はTTC(Teacher Training Course)という

ヨガの先生になるための修了証を発行してもらえる授業料の高いコースしかなかったです。

1ヶ月で700ドルとか1000ドルとかするんですよ。

 

1ヶ所だけ僕が知ってるのは、ラムジュラにあるYoga Niketan Ashramですね。ここはTTCではなく普通のヨガパッケージコースです。

 

もちろんTTCは初心者でも始められるんですけど、そんなガチのやつじゃなくて

「なんちゃってヨガ生活」というか、気軽にレッスンを受けたいだけの人は

ドロップインという毎回授業料を払う通学式の「道場」に行かないといけないです。

 

もちろんTTC用のアシュラムでもドロップインレッスンを開催していたら授業料を払って受けることができます

ここでは便宜上アシュラムと道場と分けてますけど、どこもアシュラムと名乗っているので

ドロップインを開催しているかは自分で確認する必要があります。

 

タポバンからラクシュマンジュラの橋を渡って右手に行くとドロップインレッスンをやっている道場がいっぱいあります。

看板が出てるので詳しく聞いてみるといいでしょう。

授業料はだいたい200~300ルピーです

 

まとめると、TTCを受けないのであれば、自分で宿を確保して好みのドロップインレッスンを毎回受けるって感じですね。

 

宿はドミトリーで1人1泊250~、個室で350~

2人部屋で1部屋1泊500~(安くて400です)

これプラス食事代とヨガの授業料がかかってきますね。

 

瞑想とか座学無しで1日1回ヨガの練習をするだけならドロップインのがトータル安くつきます。

 

有名アシュラム体験談とオススメ道場

アシュラムや道場選びはネットの評判を見てもあまり参考にならないです。

と、他のブログにも書いてあるんですけど実際体験してみて僕も強く同意します。

 

日本でヨガをしたことがある人、全くの未経験、未経験でもスポーティーな体の人、

それぞれ先生によって向き不向きがあります。

 

なので、これを読んだとしても一回体験してみてもらいたいんですけど

一応未経験かつ超運動不足の僕の感想を書いていくので

 

同じポテンシャルの人には少しは参考になるかと思います。

 

タポバンのアシュラム

グーグルマップに出てきたタポバンのアシュラムがネットでも評判が良さそうだったんで、

ドロップインレッスンを受けてみました。

 

以下紹介&感想を書いていきます。

 

Nirvana Yoga

Hotel Vyasの屋上でやっているドロップイン道場です。

TTCもやってるけど、普通のパッケージコースはなかったですね。

 

ドロップインで1回300ルピーです。確かビギナーは夕方の部が18時からでした。

 

僕が行った時は他に生徒がいなくてマンツーマンレッスンだったんですけど

面倒だったのかあまり手取り足取り教えてもらえる感じではなく

しかも1時間半のレッスンのはずが1時間ちょいで終わりました。

 

300ルピーでこれかって感じで、何か物足りなかったですね。

 

値段的にもレッスンの質的にもオススメはしません。

 

Anand Prakash Yoga Ashram

ここはかなり評判が良いみたいで、広いヨガホールに3,40人ぐらいの生徒が来てました。

 

基本的なハタヨガのフローや色んなポーズをやったんですけど、

ちょっと経験ある人向けなのかテンポが速くてついていくのがツラかったですね。

 

しかも何回もスクワットしたり、初心者が想像するヨガの動きじゃないこともいっぱいして

 

エアロビしに来たのかな?」ってのが正直な感想でした。

 

ある程度経験してる人ならついていけるんだろうけど、未経験にはちょっとしんどいレベルだと思います。

 

ドロップインで200ルピー。ビギナーは夕方の部は16時から1時間半でした。

 

ここもTTCをやってましたし、時期が違えば普通のパッケージコースもありそうな感じでした。

 

 

オススメのラクシュマンジュラの道場

道場探しでウロウロ歩いていたら、ちょうど良い時間のレッスンがあったんで受けてみたんですけど

ここが一番しっくり来たんで、僕はここに通うことにしました。

全くの未経験には丁度いいと思います。

 

Swani Vivekananda

ここはレッスン内容も料金も全てが自分に合っていました。

 

生徒があまり多くなくて、ほぼプライベートレッスンになるってのもあるんですけど

一つ一つの動きを、どこを意識するべきか丁寧に教えてくれるし

みんなのレベルに合わせてゆっくり進めてくれるんで

未経験にピッタリだと思います。

 

ここも一回200ルピーなんですけど、回数券みたいなプランもあって

5回まとめて申し込むと900ルピー、

10回で1700ルピーでレッスンを受けられます。

 

しかもヨガだけじゃなく、瞑想や呼吸法など同じ200ルピーのレッスンならどれでも自由に受けられるんで

色々体験したい人には超お得なプランです。

 

TTCもやってますし、住み込みじゃないけど3日とか5日間にわたる朝から晩までの丸一日ヨガコースもやってます。

僕は朝早く起きたくなかったんで夕方だけドロップインで受けてましたけどねw

 

時間とレベルによってホールA,B分かれていて場所の確認が必要なんですけど

ビギナーの夕方のレッスンはラクシュマンジュラの橋を渡って左にしばらく行った所にあります。

 

一応この記事を書いている時点でのタイムスケジュールを載せておくんで

参考にしてみてください。

 

番外編:ラムジュラ

ラムジュラにもアシュラムや探せばドロップインの道場がいくつかあります。

ラクシュマンジュラは外国人も多く観光地っぽいんで

少し静かめな場所でヨガに集中したいって人はラムジュラでもいいかもしれないです。

 

僕が泊まった「Parmarth Niketan Ashram」はヨガや瞑想、その他のアクティビティが全部無料です。

無料というか、寄付制になっていてアシュラム内のどこかに寄付を入れる箱があるんで

寄付したい人はそこに入れるってシステムです。

 

なので、ここでは宿の予約だけして後はご自由にって感じですね。

 

ここに宿泊するには基本的に公式ホームページから予約するか、空いていれば当日直接行っても泊ることができます。

一応リンク貼っておきます。

Parmarth Niketan Ashramの予約ページ

 

宿は1人部屋が確か400か500~で、2人部屋が800~です。(僕は2人組なので1人用の値段は定かではないです)

肌触りの良いタオルがついてきますよw

 

これは宿代だけなんで、食事代は別途払わないといけないです。

 

朝昼晩でメニューが違うんですけど、昼と夜はタリーセットが70ルピーで

カレー2種類と野菜のカレー炒めに、チャパティ×4ライスorチャパティ×6が選べます

その他ラッシーとかチャイとかは追加購入って感じですね。

 

食事の時間も決まってるんで、もし滞在するなら要確認です。

 

肝心のヨガは朝の6時からと夕方4時ぐらいからの2回あります。

仮にお部屋が1人で500ルピーだとして、ご飯が昼と夜の2回タリーだけを食べるとしたら

1日640ルピーでヨガ2レッスン受けられます。

 

ラクシュマンジュラの1回で200ルピー払うと考えたらこっちのがお得なんですけど

レッスンというよりは先生が前でヨガをして、他の人が真似するだけで詳しく教えてもらえるわけではないんで

初心者には満足いく練習ができないですね。

 

値段重視の人はここでいいと思います。

 

 

もう一つ、ガンジス川の左側にあるYoga Niketan Ashramは

それこそ朝から晩まで、食事込みのパッケージコースでやってるんですけど

確か1人1泊900ルピーとちょっと値段します。

 

ただ、ヨガ2回、瞑想、座学、その他の授業が含まれていて、宿食事つきなんで

ドロップインで個別に受けると割高になるんで、がっつりヨガに打ち込みたい人にはオススメですね。

 

番外編②:リシケシ

何も知らずにリシケシで降りて情報収集したなかで見つけたんですけど

リシケシエリアにも1ヶ所だけそれっぽいアシュラムを発見しました(アシュラム自体はいっぱいあるんですけどね)

 

Swaminarayan Ashramと言います

ここも完全寄付制で、食事まで提供されます。

ヨガは朝7時半に1回だけで、夕方にアーティという音楽瞑想(?)みたなのものがあります

 

ただここもラムジュラのアシュラムみたいに、それぞれのレベルに合わせたレッスンではなく

他の修行僧と一緒にやる流れだと思います。

 

ここにも宿泊施設はあるんですけど、いくらかは忘れました。でも大体他と同じぐらいだったと思います。

一応近くに何軒か宿があるんで、仮に1人1泊300ルピーぐらいで見つけられたら

ヨガと食事込みなんで一番安く済みます。

 

ただ、超ローカルエリアで周りにはほとんど何もないんで

寄付制なんですけど払わなかったら無料なんでとにかく低予算でガヤガヤしたくない人はここでいいんじゃないかと思います。

 

 

ハリドワールから向かう時の注意点

僕のオススメはラクシュマンジュラなんで、ラクシュマンジュラに行く前提で書きます。

 

別の記事でも書いたんですけど、僕はジャイプールから電車でリシケシに向かったんで

終着駅のハリドワールからバスか何かに乗り換える必要がありました。

 

デリーとかから直接バスで向かう場合は恐らくラクシュマンジュラに着くんで気にしなくていいと思います。

ハリドワールからバスで行く場合もラクシュマンジュラエリアまで直接行けるかもしれないんで、

チケットを買う時に確認しておきましょう。

 

オートリクシャーで相乗りで行く場合、リシケシまで1人50ルピー、交渉次第で40ルピーで行けます(ちなみにバスは35ルピーらしいです)

 

ただ、さっきも言ったようにリシケシエリアでは良いアシュラムを見つけられないんで

テキトーに「リシケシ!」って言わないように注意しましょう。

 

もし仮にラムジュラで降りる場合はプラス10ルピー

ラクシュマンジュラまではさらに10ルピーの料金体系です。

 

何回も言いますけど、目的地がはっきりとしてない場合はとりあえずラクシュマンジュラに行く方が無難です。

 

まとめ

お疲れ様です。長々と僕が体験して得た情報を紹介してきましたが

アシュラム、道場探しは実際に体験して自分のレベルに合ったものを見つけるのが一番いいですね。

 

この記事はその前の段階、リシケシについて何も知らない人向けで

僕みたいに道場探しに余計な労力と時間を費やさなくていいように参考になればなと思うんですけど

 

今回言いたいことをまとめると

・想像してた「ヨガアシュラム生活」が送れるパッケージコースのアシュラムが簡単には見つからないということ

 

・カフェがあって、外国人とたくさん知り合って、

いわゆる「リシケシで優雅にのんびりヨガ生活」をするならラクシュマンジュラ一択ということ。

基本的に橋の両サイドが賑わってるんで、タポバン側でも橋付近ならアリ

 

・レッスンを受けてみないとわからないんで、自分に合った道場を決めてから宿を固定した方がいいですね。

僕はタポバンの道場に行こうと思って先に宿を決めたんですけど

結局ラクシュマンジュラに通うことになって、片道30分ぐらい歩いてたんで、宿、道場選びは慎重に。

 

・パンフレットとかあるんで、他のアシュラムの料金体系とかも伝えることもできるんですけど

結局は一回体験した方がいいんで、気に入ったら詳しく聞くのがいいと思います。

 

アシュラムによってはパッケージコースもあるんで、それも含めて自分で確認するといいですね。

 

・あと、ハリドワールから向かう場合はくれぐれも安易に「リシケシ」って言わないようにしましょうw

 

何回も言いますけど、オススメはラクシュマンジュラですね。

道場によってはタポバン滞在

ちょっと静かに、低予算でヨガしたいならラムジュラ

ディープに打ち込みたいならYoga Niketan

とにかく費用を抑えたいならリシケシ

 

ってな具合で、自分の目的に合わせて計画を立てるのに参考になれば幸いです。

 

あ、ちなみにレッスンは全部英語なんで、日本語がよければ日本人ゲストハウスでやってるっぽいんで

自分で探してみてください

 

ついでにラクシュマンジュラでの僕のオススメの飯屋を別記事で紹介しておきます

リシケシ、ラクシュマンジュラのオススメフード5選



Sunny Side Fieldメルマガ登録
メールアドレス